Kuru Style on Mu

kurustyle.exblog.jp
ブログトップ

上掛けに関する私的見解(-ω-)

ナイト:Kuruくるるんは、BC7にちょくちょく参加させていただいていますが、うちの固定PTMの敏Eの上掛けについて、何度かご意見いただいております。。。
はじめに、ハッキリと申し上げておきますが、

上掛けは、運営も許可している仕様です。

事の発端は、こちらのPTには固定のDLさんがおらず、それでも2PTになり、相手にDLさんがいるときには勝つことが難しい場面が何度もありました。
そこで、こちらのPTMの敏Eさんが、完全敏特化であったにも拘らず、実で敏捷を削り、AGが使えるまでエナに振りました。

特化キャラが、そのポイントを少しでも捨てるということ・・・
これには、相当な覚悟があったと思います。


いつしか、Kuruがいつも行く7サバのBCは、「上掛けサバ」と呼ばれるようになり、確かに上掛けの効果は大きく、貢献されることとなりました。

そうしている間に、うちの看板ナイトさんが休止。
Kuru1人で参加することがしばらく続いてから、くるるんがBC7に昇格。今に至ります。

そして、文句の出た行為のひとつとして、BC開始直後、門に向かうまでの間に相手EEさんに上掛けでGを掛け、死亡させてしまうということがあります。
確かにちょっと、悪いイタズラなのかもしれません。。。
しかし、これは禁止行為ではありません。

すると、それを避けようとして、ユニバグを使うPTまで現れました。
しかも、ナイトさんまでもがユニバグを使って門前最前列に・・・
これは、同じナイトとして遺憾です。。。

理由はさておき、ユニバグの使用は『ゲームプログラム上の不具合を悪用したプレイ』に当てはまり、立派な規約違反となります。

上掛けを阻止するのは難しいことなのかもしれません。
しかし、上掛けがくることがあらかじめわかっているのなら、それを対処する方法はいくらでも考えられるのではないかと思っています。

橋での上掛け。
PTMの主力ナイトさん1~2人だけ先に行ってもらい、残りのPTMでEEさんのタゲを取ながらゆっくりでも移動することも出来るかと思います。
たまにナイトさんが上掛けやG切れで死亡・・・という場面も見受けられますが、ナイトはDEFが上位にあるキャラですし、門石造攻撃には欠かせないメンバーですので、少なくとも、片道耐えられる分だけの赤は持っていくことが望ましいのではないかと思います。
場合によっては、ディノや天使といった、ダメ吸収のあるペットを利用するのも手なのではないでしょうか?

石造での上掛け。
主力ナイトは、石造出現まで、石造前に位置してタゲを避け、スタンバイしていることが多いですが、上掛けするにも、動き回られたり、自分のPTMに重なられたりするとうまくいかない場合がほとんどです。
Kuruも何度か、自分PTの敏EのAをもらってしまって思うようなダメが出なかった・・・ということがあります(-∀-)
石造の周りは、メイジの攻撃による位置のズレ(位置バグ)の起こりやすいエリアです。
「もしも自分が上掛けするとしたら・・・?」
と、逆の発想で考えてみると、いい案が浮かんでくるかもしれませんね(`∀´)
そしてここでは、EEさんもただAGHをするだけではなく、エナを落としてでも速度ネック、速度クリス、魔法氏の指輪などを駆使して、上掛け敏Eさんとの勝負もがんばってみてほしいところだと思います。
(自分はBC5、6で、EE:くるきちでそうしてました(●≧艸≦))

その他、召還バグ、変化バグといわれるものもありますが、これはバグではなく、PC起動直後の読み込み速度を利用したものであり、バグとは違うと思います。
これは、前もって召還獣や変化を見ておけばいいだけの話ですので、容易に回避することが出来ますし、これを使ったからといって、不正行為だとは私は思っていません。
これが理由で負けたのであれば、それはナイトの不手際だと思います。


最後に・・・
MUは、あくまでもゲームであり、勝敗は関係なく、クエストもルール内で楽しくできればそれで満足です。
上掛け行為についても、私のほうから「上掛けをお願い」と頼んだことは一度もありません。
KuruはBC特化ではない、昔ながらのバラナイトではありますが、「上掛けがいなければ勝てない」と言われるのもチョット辛いものがあります。。。^^;
できれば、フェアに(←これが一番難しいのですが^^;)プレイしたい。。。
これが本音ですが、みんなそれぞれ、ルール範囲内で自分の特性を生かしたプレイを楽しめばいいのではないでしょうか?
しかし、いつも一緒に遊んでくれているPTMに貢献したい気持ちがあるのも事実です。
そのために、最近、羽を釜に入れてみたり、不器用ながらもPC組んでみたりまでしてしまいました(*ノωノ)・・・

まとまりのない文章で申し訳けありませんが、少しでもKuruくるるんの考えを皆さんにお伝えすることができればと思います。
(*- -)(*_ _)
[PR]
by kurukichi | 2007-05-13 14:20 | 日記